記事体裁を順次修正中(比較的新しい記事は完了しております!)ご迷惑かけして申し訳ございません(´;ω;`)ウゥゥ

旅芸人のおすすめスキル振り(160から200P)

別記事「旅芸人おすすめ装備についてが大変好評のため、今回は旅芸人の160~200Pまでのブーメランスキル、盾スキルおよび、きょくげいのお勧めスキル振りについて解説しております。尚、きょくげいに関しては防御重視と攻撃重視の2パターンについて説明しております。参考に頂ければ幸いでございます。※DQ10大辞典を作ろうぜ!!第二版 Wiki*様を一部参考にしております。

ブーメランスキル

160P:かいしん率

160Pに設定すると装備時かいしん率+1%威力が上がります。特技を使用した際に会心が発生するとその特技の状態異常系の付与率が大幅に上がります。wiki様によるとその倍率は5倍程度との事です。ゴッドジャグリングの敵攻撃力ダウンやキラージャグリングの混乱付与が成功しやすくなるというわけです。※レボルスライサーの被ダメージアップについては確認が取れませんでした。恐らくレボルは対象外のはず。

更に敵もみかわしやガードで攻撃を回避してくる場合がありますが、会心の場合は必中となります。ですので、折角チャージが来てレボルを使ったのにかわされてしまった!という事が少なくなるという事です。ですのでかいしん率はかなり重要なので設定しております。

170P:デュアルブレイカーの強化

170Pではデュアルブレイカー+5%となります。レボルスライサーに次いで重要な特技で使用頻度も多いため、ここで設定しています。

180P:レボルスライサー

180PではレボルスライサーⅢとなります(チャージ90秒)。180Pから200Pの間がレボルスライサーⅢとなります。旅芸人で最重要な特技ですのでレボルスライサーⅢとなる一番低いポイントの180Pに設定しています。

190:レボルスライサーの強化

180Pから200Pの間に設定するとレボルスライサー+6%威力が上がります。チャージ毎にすぐ使用すべき特技なので使用頻度も非常に多く、レボルスライサーの威力を上げるのは非常に恩恵があると思います。

200P:ギガスローⅡ

200Pに設定したときのみギガスローⅡとなります(チャージ70秒)。レボルスライサーより使用頻度は下がりますが、旅芸人で最も高火力をだせる特技なのでギガスローⅡとなる200Pに設定しています。

設定していないブーメランスキルについて

こうげき力

レボルスライサーやデュアルブレイカーにのみ着目すると攻撃力を10上げるより、「レボルスライサー+6%」威力をアップさせた方が高いダメージが出せると思います。こうげき力も付けたいところではありますが、優先順位を下げて除外しています。例えば160Pのスキルと入れ替えるのも全然ありです。

さいだいMP

万が一足りなくなったら薬品で回復すればいいですし、他スキルの優先度が高いため除外。

スライムブロウの強化

基本的に使用はおすすめしない特技のため除外しています。

パワフルスローの強化

基本的に使用はおすすめしない特技のため除外しています。

シャインスコールの強化

基本的に使用はおすすめしない特技のため除外しています。

バーニングバードの強化

基本的に使用はおすすめしない特技のため除外しています。

デュアルカッターの強化

そこそこ使用する特技ですが他優先度が高いスキルを優先しています。防衛軍やぬすむ金策の時などのシーンでは上記設定しているスキルと入れ替えても良いです。

フローズンバードの強化

バフやデバフが重なることでそこそこの火力を出せますし、会心率がそこそこ高いので試練の門のプラチナキングなどではわりと重宝します。上記設定しているスキルと入れ替えても面白いですね。

ギガスローの強化

ギガスローは威力が強力なので設定したいところですが、他の優先度が高いため除外しています。

盾スキル

160P:しゅび力

160Pに設定すると盾の装備時しゅび力+10となります。しゅび力に関しては積み重ね思考です。しゅび力を10上げただけでは体感出来ないと思いますが、しゅび力を上げて、身かわしを上げて、、と積み重ねで生存率が上がってくると思われます。

170P:瀕死時身かわし率アップ

170Pに設定すると瀕死時4%で身かわし率+30%になります。こちらのスキルも設定することで効果を体感出来る事はなかなかないと思われますが、防御系のスキルについては積み重ねだと思っています。

180P:アイギスの守り

180pから200Pの間に設定するとアイギスの守りⅢとなります(チャージ110秒)。盾スキルで一番優秀な特技なのでチャージが一番短くなり、一番ポイントの低い180Pに設定しています。

190P:会心完全ガード率

180Pから200Pの間に設定すると会心完全ガード率+2%になります。これを付けるだけで会心の一撃や暴走した呪文でダメージを無効にする神スキルです!2%と確率は少ないですが、効果が優秀なので絶対付けて欲しいスキルです。

200P:ちからの盾

200Pに設定するとちからの盾Ⅱとなります(チャージ130秒)。盾ガードが発動した際にHP100回復するので、HPを超えるダメージの際は無意味になってしまいますが、多段特技を受けたときに発動してくれれば生存率が大分あがります。

設定していない盾スキルについて

さいだいMP

ブーメランスキルと同様に、万が一足りなくなったら薬品で回復すればいいですし、他スキルの優先度が高いため除外。

ガード時ルカニ

旅芸人はルカナン等で敵の防御力をダウンを出来るため除外しております。

ガード時ヘナトス

旅芸人のゴッドジャグリングでヘナトス(攻撃力ダウン)が出来るため除外しております。

ビッグシールドの効果時間

ビッグシールドの効果時間は特技「ビックシールド」と「アイギスの守り」で付与される盾ガード率の時間も延長されます。ですが旅芸人のブーメランスキル130Pで「装備時チャージ時間-20秒」があるため、効果時間を延長してもアイギスの守りがすぐに使える様になるため、恩恵は少ないので除外しております。

まもりのたての効果時間

いざという時に頼りになる特技ですが、他の優先度が高いため除外しております。

会心ガードの効果時間

会心ガードの効果時間は特技「会心ガード」と「アイギスの守り」で付与される会心ガードの時間も延長されます。ですが旅芸人のブーメランスキル130Pで「装備時チャージ時間-20秒」があるため、効果時間を延長してもアイギスの守りがすぐに使える様になるため、恩恵は少ないので除外しております。

ちからの盾の回復量

回復量が増えるパーセンテージが低いため除外しています。上記スキルと入れ替えても良いです。

きょくげい(防御重視)

160P:被ダメージ軽減

160Pでは被ダメージ3軽減となります。旅芸人は基本サブヒーラーとして立ち回るので、万が一僧侶や賢者などのメインヒーラーが倒れてしまった場合でも極力生存させたい為、被ダメージ軽減を付けて少しでも生存率を上げています。

170P:特技の回復量強化

170Pでは特技の回復量+10となります。ハッスルダンスの威力をアップさせます。

180P:超ハッスルダンス

180Pでは超ハッスルダンスⅢとなります(チャージ60秒)。超ハッスルダンスは180P~200Pの間であれば全て超ハッスルダンスⅢとなりチャージ時間60秒で使用可能なので、その中でも一番低い180Pに設定しています。

190P:カウンター発動率

190Pではカウンター発動率+5%となります。5%ではあるもののカウンターが発動すれば通常攻撃や痛恨の一撃を無効にしつつ、おまけに反撃をしてくれる神スキルです。反撃ダメージは正直期待していませんが、敵の攻撃を無効化出来るためこのスキルも生存率の向上に直結します。

200P:いやしのメロディ

200PではいやしのメロディⅡとなります(チャージ120秒)。200PでのみいやしのメロディⅡとなるので200pに設置しています。FFで言うリジェネの様に毎回HP100が回復するのはとても強力なので最短で使える様にしています。

設定していないきょくげいのスキルについて

特技のダメージ強化

特技ダメージを増やしたいのはやまやまですが、本来の旅芸人の動きは回復やバフやデバフがメインとなるのでそもそも攻撃する頻度が少ないです。且つダメージを期待するもの多くはありません。結果特技ダメージの強化は外す感じになっています。

呪文の威力と回復強化

旅芸人で実用的な攻撃魔法がありません。また回復魔法についてはベホイム等がありますが、回復は基本ハッスルダンスを使用しますので詠唱頻度もかなり少ないと思われます。よって除外しております。

ターン消費無し

発動してくれれば待ち時間無しで行動を行えるのでかなりの神スキルです。私は上記スキルを優先していますが、ターン消費無しは火力にも生存率の向上にも直結するのでターン消費無しと入れ替えても全然OKです!

テンション消費しない

テンション消費に関しては火力に影響するスキルになります。火力に寄たい場合は割り振っても良いですが、防御寄りを主体としている場合は他を優先するため除外しております。

きょくげい(攻撃重視)

160P:テンション消費しない

攻撃重視の場合でも旅芸人はハッスルダンスで回復する事が多く、せっかくテンションが溜まってもハッスルで抜けてしまう場合が多いため、ターン消費しないの方を優先して170Pにしております。

170P:ターン消費しない

ターン消費しないにより攻撃1回の火力は変わりませんが、攻撃回数が増えるため総合火力が上がると思います。

180P:超ハッスルダンス

攻撃重視とはいえ、最重要任務の回復を怠るのはNGだと思われるので、超ハッスルダンスⅢとなる180Pに設定しています。

190P:特技のダメージ強化

180Pから200Pの間に設定すると特技のダメージ+20となります。旅芸人は多段特技が多いので恩恵はそこそこあると思います。

200P:いやしのメロディ

超ハッスルダンスと同様の理由で、いやしのメロディⅡとなる200Pに設定しています。

設定していないきょくげいスキルについて

そもそもきょくげいスキルに関しては攻撃に直結するものが少ないためこちらについては省略させて頂きます。

以上となります。上記私がお勧めするスキル振りとその理由などを参考にして頂いて、皆さんが思うベストなスキル振りを見つけてもらえれば嬉しい限りです。

旅芸人の関連記事

・旅芸人の160~200Pのスキル振について旅芸人のおすすめスキル振り(160から200P)
・旅芸人のおすすめ装備について【2020年最新】旅芸人おすすめ装備について
・旅芸人の達人の宝珠について【2021年最新】旅芸人おすすめ達人の宝珠
・旅芸人の戦い方について【2021年最新】旅芸人の戦い方【特技の解説】

スキル振りは悩ましいけど楽しいですね!

ドラゴンクエストXランキング