記事体裁を順次修正中(比較的新しい記事は完了しております!)ご迷惑かけして申し訳ございません(´;ω;`)ウゥゥ

【2021年最新】魔法戦士のおすすめスキル設定(160から200P)


当記事では魔法戦士の160Pから200Pまでの「フォース」「片手剣スキル」「弓スキル」「盾スキル」のおすすめスキル設定について解説していきます。参考に頂ければ幸いです。※一部「DQ10大辞典を作ろうぜ!!第二版 Wiki*」様を参考にしております。

フォース

160P:ターン消費しない

160Pでは「1.0%ターン消費なし」になります。200Pから設定を決めていって消去法で「ターン消費しない」を選んでいます。前衛火力であれば「テンション消費しない」により高火力を出していくスタイルが相性が良いですが、個人的には中衛の魔法戦士は「ターン消費しない」により手数を増やしてバフやデバフに力を注いだ方が相性が良さそうです。

170P:呪文のダメージ強化

170Pでは「呪文のダメージ+10」になります。魔法戦士が使用する攻撃呪文はマダンテだけで、単発攻撃呪文になるので恩恵は非常に低いですが強力な呪文なので少しでも威力が上がる様に設定しています。ここは好みで入れ替えても良いと思います。

180P:クロックチャージ

180Pから200Pでは「クロックチャージⅢ」になります。クロックチャージはパーティメンバーのチャージ時間を短縮させる効果と行動間隔が速くなる効果がある特技です。チャージ時間が短くなることで前衛火力職などは強力なチャージ特技を早く使用可能になるので非常に優秀です。チャージ時間短縮の効果時間は長い(5分間)ですが、パーティメンバーが倒れてしまった際のかけなおしなどに備えて、すぐに使用できるように「クロックチャージⅢ」で設定しています。

190P:敵の弱点属性がわかる

「敵の弱点属性がわかる」については190P、200Pにのみ設定可能です。以前は実装されていなかったスキルなので敵の弱点属性を全て覚えている方には必要ありませんが、「敵の弱点属性がわかる」を設定することで画面で確認できるようになるのでかなり便利だと思います。

200P:特技のダメージ強化

180Pから200Pでは「特技のダメージ+20」になります。片手剣や弓には多段特技が多いので特技ダメージが増える事はかなり恩恵があります。

設定していないスキル

よろいが装備できる

エンドコンテンツの一部の敵では魔法戦士が壁役となり重さが必要になる場面がありますが、それ以外の常用装備としては大怪傑の装束セットが優秀な防具なので、よろいは必要ないと思われます。

被ダメージ軽減

普段使用する分には被ダメージ軽減の優先度は低いです。壁役をやる場合は設定することになるかもしれません。

身かわし率

普段使用する分には身かわし率の優先度は低いです。壁役をやる場合は設定することになるかもしれません。

テンション消費しない

好みで入れ替えても良いと思います。

片手剣スキル

160P:超はやぶさ斬りの強化

160Pでは「超はやぶさ斬り+6%」になります。特技の中では会心が発生しやすく威力も高いので更に威力を向上させるために設定しています。

170P:不死鳥天舞の強化

170Pでは「不死鳥天舞+5%」になります。自身の会心率が上がり与ダメージによりHPも回復する優秀な多段特技です。特技の中では会心が発生しやすく威力も高いので更に威力を向上させるために設定しています。

180P:不死鳥天舞

180Pから200Pでは「不死鳥天舞Ⅲ」になります。自身の会心率が上がり与ダメージによりHPも回復する優秀な多段特技です。特技の中では会心が発生しやすく威力も高いのでより多く使用出来る様に「不死鳥天舞Ⅲ」で設定しています。

190P:はやぶさ斬りの強化

180Pから200Pでは「はやぶさ斬り+8%」になります。はやぶさ斬りは片手剣での主力になる特技で使用頻度も高いので設定しています。

200P:アルテマソード

200Pでのみ「アルテマソードⅡ」になります。単発の特技でテンション吐き出し先として優秀です。より多く使用出来る様に「アルテマソードⅡ」になる200Pに設定しています。

設定していないスキル

こうげき力

こうげき力は大事なステータスですが威力が上がりやすい「〇〇の強化」を優先しています。

かいしん率

かいしん率は大事なステータスですが威力が上がりやすい「〇〇の強化」を優先しています。ガルドドンの様に防御力が非常に高い敵の場合は会心にならないとまともなダメージが入らないので、スキルを入れ替えるべきかと思います。

武器ガード率

壁役をやる場合は設定すべきかと思われます。それ以外では優先度は低いです。

かえん斬りの強化

基本使用しない特技のため除外しています。

ドラゴン斬りの強化

基本使用しない特技のため除外しています。

ミラクルソードの強化

基本使用しない特技のため除外しています。

ギガスラッシュの強化

貴重な範囲特技ですが威力が弱すぎるので多用することは無さそうです。

ギガブレイクの強化

貴重な範囲特技ですがあまり威力が高くないので多用することは無さそうです。

アルテマソードの強化

好みで入れ替えても良いと思います。

弓スキル

160P:サンライトアローの強化

160Pから190Pでは「サンライトアロー+2%」になります。ここではサンライトアローの強化を設定していますが、好みで「さいだいMP」「シャイニングボウの強化」「弓聖の守り星の効果範囲」「ロストスナイプの強化」あたりと入れ替えても良いと思います。

170P:ダークネスショットの強化

170Pでは「ダークネスショット+8%」になります。ダークネスショットは弓スキルの中で威力が高く、フォースブレイクで属性を下げた後に使用することで高火力を期待できます。光耐性に関して言えばフォースブレイクで敵の光耐性下げて、ダークネスショットを打つことで更に光耐性を下げることが出来るのでライトフォースがかかったパーティメンバーの火力を向上させることが出来る強力な特技です。使用頻度も威力も高いので設定しています。

180P:ロストスナイプ

180Pから200Pでは「ロストスナイプⅢ」になります。弓特技では貴重な範囲攻撃でそこそこな威力があり、敵のテンションを下げる追加効果もあるので使用頻度の高い特技です。「ロストスナイプⅢ」にすることでチャージ時間が25秒にまで短縮されるので使用感が抜群に良くなります。「ロストスナイプⅢ」になるように設定するのがお勧めです。

190P:さみだれうちの強化

180Pから200Pでは「さみだれうち+6%」になります。さみだれうちは弓装備時に攻撃する際の主戦力となる特技です。使用頻度が高いので設定をすることをお勧めします。

200P:サンライトアロー

200Pでのみ「サンライトアローⅡ」になります。サンライトアローは弓スキルの中で威力が高い方の特技になります。フォースブレイク、ダークネスショットにより敵の光耐性を下げてからサンライトアローを使用することで高火力を期待できます。

設定していないスキルについて

こうげき力

こうげき力は大事なステータスですが威力が上がりやすい「〇〇の強化」を優先しています。

かいしん率

かいしん率は大事なステータスですが威力が上がりやすい「〇〇の強化」を優先しています。

さいだいMP

さいだいMPを上げることでマダンテの威力アップになります。好みで入れ替えても良いと思います。

マジックアローの強化

敵の呪文耐性を下げるかなり優秀な特技です。個人的には威力はあまり求めない特技なので除外していますが、好みで入れ替えても良いと思います。

バードシュートの強化

基本使用しない特技のため除外しています。

サンダーボルトの強化

基本使用しない特技のため除外しています。

天使の矢の強化

基本使用しない特技のため除外しています。

シャイニングボウの強化

そこそこ威力が高いので好みで入れ替えても良いと思います。

弓聖の守り星の効果範囲

弓聖の守り星はパーティメンバーの状態異常を1度だけ無効化する効果がある優秀な特技です。効果範囲漏れが多発する場合は好みで入れ替えても良いと思います。

ロストスナイプの強化

弓装備で貴重な範囲特技です。防衛軍やピラミッドなど大勢の敵との戦闘では多用することになるので、好みで入れ替えても良いと思います。

盾スキル

160P:瀕死時身かわし率アップ

160Pでは「瀕死時2%でみかわし率アップ+30%」になります。発生確率は低いですが身かわしできればダメージを無効化出来るので耐久性を上げる目的で設定しています。

170P:さいだいMP

170Pでは「装備時さいだいMP+20」になります。魔法戦士にはマジックルーレット(MP回復)があるのでMPが枯渇することはあまりないとは思われますが、MPを増やすことでマダンテの威力が向上するので設定しています。

180P:アイギスの守り

180Pから200Pでは「アイギスの守りⅢ」になります。アイギスの守りは自分の被ダメージ減少効果+盾ガード率上昇+痛恨・暴走ダメージ軽減効果がある神特技です。必ずより多く使用出来る「アイギスの守りⅢ」になるように設定しましょう。

190P:会心完全ガード率

180Pから200Pでは「会心完全ガード+2%」になります。会心や暴走呪文を受けた際にダメージを無効にする神スキルです。発生確率は低いですが守備系のスキルは積み重ねと思って絶対設定しましょう。

200P:ちからの盾

200Pでのみ「ちからの盾Ⅱ」になります。ちからの盾を使用したときと盾ガードが発生したときにHP回復効果があります。優秀な特技なのでより多く使用出来る「ちからの盾Ⅱ」になるように設定しています。

設定していないスキル

しゅび力

魔法戦士の場合はさいだいMPがマダンテの威力に影響することから「さいだいMP」の優先度を上げて設定しているため、結果として「しゅび力」を除外しています。

ガード時ルカニ

ガード時ルカニは発生確率が非常に低いですが盾ガードが発生した際に敵の守備力を下げる効果です。あまりお勧めはできませんが好みで設定しても良いかもしれません。

ガード時ヘナトス

ガード時ヘナトスは発生確率が非常に低いですが盾ガードが発生した際に敵の攻撃力を下げる効果です。より耐久性重視にしたい場合は設定しても面白いと思います。

ビッグシールドの効果時間

アイギスの守りをチャージ毎に使用することでビッグシールドの効果も維持出来るため、特に更に効果時間を延長させる意味はないと思われます。

まもりのたての効果時間

レグナードなど敵によってはまもりのたてが重要になる敵も居ますが、普段は使用頻度が少ない特技のため除外しております。また魔法戦士は弓に持ち替えれば弓聖の守り星があるので一層他職業よりは使用頻度は低いと思います。

会心ガードの効果時間

アイギスの守りをチャージ毎に使用することで会心ガードの効果も維持出来るため、特に更に効果時間を延長させる意味はないと思われます。

ちからの盾の回復量

好みに合わせて入れ替えで設定しても良いです。

魔法戦士の関連記事

・魔法戦士の装備については【2021年最新】魔法戦士のおすすめ装備について
・魔法戦士のスキル設定については【2021年最新】魔法戦士のおすすめスキル設定(160から200P)
・魔法戦士のマダンテについては目指せ!マダンテのダメージ9999!マダンテの威力を上げる方法

以上になります。参考になりましたでしょうか。上記解説を参考に皆さんにとっての理想な設定が出来るようになればと思います。

少しでも参考になった方はポチっとおねです(*ノωノ)

ドラゴンクエストXランキング