バトルマスター 考察・予想

バトマスのおすすめスキル振り(160から200P)

投稿日:2021年2月10日 更新日:


当記事ではバトマスの各スキル「とうこん」「両手剣」「片手剣」「ハンマー」の160Pから200Pのおすすめのスキル設定について解説していきます。参考に頂ければ幸いです。

とうこん

160P:古今無双の強化

160Pでは「古今無双+1%」になります。200P以外では全て+1%なので160Pに設定しています。強力な特技なので威力アップは必須です。

170P:特技の会心率

170Pでは「特技の会心率+0.8%」になります。バトマスの主力となる天下無双は会心率の高い特技ではありませんが少しでも会心率を底上げして火力が出る様にしています。

180P:灼熱とうこん討ち

180Pでは「灼熱とうこん討ちⅢ」になります。個人的には灼熱とうこん討ちを間に挟むよりも天下無双をより多く打った方が総合ダメージが出る為、使用頻度がかなり低い特技でした。天獄でのお題(テンションを上げるもの)にも対応出来るように設定しているといっても過言ではなかったのですが、真髄シリーズの宝珠登場により状況は少し変わったと思われます。

追加された宝珠の全身全霊斬りの真髄(Lv6でテンション時ダメージ+300)やプレートインパクトの真髄(Lv6でテンション時ダメージ+300)、ランドインパクトの真髄(Lv6でテンション時ダメージ+120)というもので、灼熱とうこん討ちでテンションを上げてからのプレートインパクトという連携などにより天下無双を連打したときのダメージに若干近づける様になったので灼熱とうこん討ちの有効性は増したと思われます。

190P:特技のダメージ強化

190Pでは「特技のダメージ+20」になります。前述しているバトマスの主力となる天下無双は多段特技ですので、ダメージ強化はかなりの恩恵(攻撃回数×20ダメージ)があります。絶対設定しましょう。

200P:古今無双

200Pでのみ「古今無双Ⅱ」になります。天下無双よりも強力なのでより多く使える様に200Pに設定します。

設定していないとうこんスキル

被ダメージ軽減

バトマスは防御力が低く打たれ弱いので設定枠が余っていれば耐久面を上げるために設定したいところですがバトマスは火力職なので火力に直結する方を優先しています。

身かわし率

被ダメージ軽減と同じ理由で優先度低。

ターン消費しない

ターン消費しないにより手数が増える事になるので総合火力の向上を期待できますが、火力に直結しやすい方を優先にしています。好みに合わせて入れ替えで設定しても良いです。

テンション消費しない

仮にスーパーハイテンション時にテンションを消費しなかった場合かなり強力ではありますが火力に直結しやすい方を優先にしています。好みに合わせて入れ替えで設定しても良いです。

両手剣スキル

160P:大旋風斬りの強化

160Pでは「大旋風斬り+2%」になります。両手剣の中で強力な特技であることと、200P以外では全て大旋風斬り+2%になるため一番低い160Pに設定しています。

170P:ビックバンの強化

170Pでは「ビックバン+10%」になります。皆さんの特技の使用頻度によっては190Pで設定している全身全霊斬りの強化と交換しても良いです。使用頻度が高い方をポイント上位に設定します。

180P:プラズマブレード

180Pでは「プラズマブレードⅢ」になります。プラズマブレードの特技自体も強力ですが敵の炎属性ダウン効果がビックバンや業炎の大剣での攻撃ダメージを上げることが出来るためプラズマブレードⅢにすることで、より多く使用出来る様に設定しています。

190P:全身全霊斬りの強化

190Pでは「全身全霊斬り+10%」になります。全身全霊斬りも強力な特技でバトマスではテンション吐き出し先として優秀な特技です。

200P:大旋風斬り

200Pでは「大旋風斬りⅡ」になります。200P以外では全て大旋風斬りⅠになる事と強力な範囲特技という理由から200Pに設定しています。

設定していない両手剣スキル

こうげき力

こうげき力をあげれば天下無双のダメージの向上も繋がりますが、各特技のダメージ+〇〇%の方がダメージ上昇率がとても大きいため優先順位が下がっています。

かいしん率

こうげき力と同じ理由により優先順位低。

武器ガード率

武器ガードが発生すればダメージを無効化できるので、生存率が上昇し結果として総合ダメージに影響しますが、前述の通り攻撃ダメージに直結する各特技のダメージ+〇〇%を優先しています。

ブレードガードの効果時間

地味に優秀な特技ですが他優先度が高いため優先度低。

ドラゴンスラッシュの強化

現状使用することがない特技のため除外。

ぶんまわしの強化

防衛軍や万魔でのシチュエーションにおいては非常に使用頻度が上がる為、入れ替えて設定しても良いと思います。

フリーズブレードの強化

現状使用することがない特技のため除外。

渾身斬りの強化

戦士であれば主力となる渾身斬りですが、バトマスでは天下無双が主力となる為、基本使用しない特技だと思われるため除外。

片手剣スキル

個人的に最近では片手剣をあまり使用しないため想像の範疇になってしまいます。申し訳ございません。片手剣バトマスは恐らく不死鳥天舞により会心率を上昇させてからの天下無双を叩き込んでいくのが火力が最も上がる戦術だと予想されます。それを前提に以下スキル設定を選択しております。

160P:アルテマソードの強化

160Pでは「アルテマソード+2%」になります。200P以外では全てアルテマソード+2%であるため一番ポイントの低い160Pに設定しています。また片手剣バトマスの場合テンション吐き出し先の特技がアルテマソードと古今無双しかないため非常に大事な特技になります。

一応補足しておきますと、テンション吐き出し先の特技とは、チャージ技の事を指しており特に多段(複数回攻撃)よりも単発(1回攻撃)の特技が適しています。チャージがない特技の場合、基本的には1999ダメージで止まってしまいますが、チャージ特技であれば9999までダメージが伸びるためテンションが上がった時にはテンション吐き出し先に適した特技を用いられます。

170P:かいしん率

170Pでは「装備時かいしん率+1.2%」になります。不死鳥天舞自体が会心率が高い特技なので長所を更に伸ばす事と
前述の通り不死鳥天舞により自身に会心率アップの効果が付与されるので、そのあとに使用する天下無双の会心率を上げることが出来ます。その底上げとして設定しています。

180P:不死鳥天舞

180Pでは「不死鳥天舞Ⅲ」になります。片手剣バトマスのキーとなる特技なので不死鳥天舞Ⅲにしてより多く使用出来る様に設定しています。

190P:不死鳥天舞の強化

190Pでは「不死鳥天舞+8%」になります。前述の通りキーとなる特技のため威力をアップさせています。

200P:アルテマソード

200Pでは「アルテマソードⅡ」となります。200PでのみアルテマソードⅡになる事と数少ないテンション吐き出し先なのでより多く使用出来る様にしています。

設定していない片手剣スキル

こうげき力

前述の通り会心率を上げて天下無双のダメージを向上させる戦術のためかいしん率の優先度を上げています。

武器ガード率

火力職のため優先度低。

かえん斬りの強化

現状バトマスでは使用しない特技のため除外。

ドラゴン斬りの強化

現状バトマスでは使用しない特技のため除外。

ミラクルソードの強化

現状バトマスでは使用しない特技のため除外。

はやぶさ斬りの強化

現状バトマスでは使用しない特技のため除外。

ギガスラッシュの強化

現状バトマスでは使用しない特技のため除外。

超はやぶさ斬りの強化

現状バトマスでは使用しない特技のため除外。

ギガブレイクの強化

現状バトマスではあまり使用しない特技のため除外。

ハンマースキル

160P:アースクラッシュの強化

160Pでは「アースクラッシュ+1%」になります。200P以外では全てアースクラッシュ+1%なので一番ポイントの小さい160Pに設定しています。

170P:デビルクラッシュ

170Pでは「デビルクラッシュⅡ」になります。テンション吐き出し先の技の一つです。相手が物質系か悪魔系であれば威力が上がる特技ですが個人的にはあまりダメージが高くない印象があります。使用しない方であればこうげき力などに入れ替えても良いです。

180P:ランドインパクトの強化

180Pでは「ランドインパクト+8%」になります。防衛軍や万魔など範囲攻撃をしたい場合の主力特技で使用頻度も抜群に多いため設定しています。

190P:プレートインパクトの強化

190Pでは「プレートインパクト+10%」になります。強力な範囲攻撃でテンション吐き出し先でもあり、敵の防御力をダウンさせたりなど強力な特技のため設定しています。

200P:アースクラッシュ

200Pでは「アースクラッシュⅡ」になります。ハンマーバトマスでのテンション吐き出し先の特技で威力も非常に高いためより多く使用出来る様に設定しています。

設定していないハンマースキル

こうげき力

前述の通りデビルクラッシュと入れ替えても良いです。

かいしん率

ダメージの向上率が高い特技のダメージが〇〇+%上がるものを優先しています。またハンマーはかいしん率よりもこうげき力が大事になってくるため、入れ替えるのであればこうげき力の優先が良いです。

さいだいMP

あるにこした事はありませんが優先度は低。

ウェイトブレイクの強化

使用頻度の低い特技のため優先度低。

ドラムクラッシュの強化

天下無双が強力なため基本使用しない特技。

シールドブレイクの強化

プレートインパクトで敵の防御力が下がらなかった場合にのみ使用するため使用頻度が低い。

デビルクラッシュの強化

枠が余れば入れたいところですが他を優先しています。

バトマスの関連記事

・バトマスの装備については【2020年最新】バトマスおすすめ装備について
・バトマスのスキル設定についてはバトマスのおすすめスキル振り(160から200P)
・バトマスの戦い方(特技の解説)については【2021年最新】バトマスの戦い方【特技の解説】

以上になります。参考になりましたでしょうか?上記設定をそのまま反映頂いても良いですし、解説を元に皆様のオリジナル設定を見つけて頂いても良いと思います!

少しでも参考になった方はポチっとおねです(*ノωノ)

ドラゴンクエストXランキング







-バトルマスター, 考察・予想
-, , , , ,

関連記事

【2021年最新】どうぐ使いのおすすめスキル設定(160から200P)

当記事では、どうぐ使いの160Pから200Pまでの「アイテムマスター」「ブーメラ…

記事を読む

今後職業はどう変わる?全職業のスキル調整大胆予想

Ver5.4情報の公式発表を明日にひかえた今、ver5.4でどの職業が変わってい…

記事を読む

天地の武器はどれが良いか問題【ver5.5後期反映版】

バージョンアップ5.5後期により天地雷鳴士が大きく変わりました!スティックを装備…

記事を読む

【初心者向け】レンジャーの戦い方

レンジャーをこれから始めたい初心者の方やレンジャーをやっているけどイマイチ動き方…

記事を読む

【2021年最新】レンジャーのおすすめスキル設定(160から200P)

当記事ではレンジャーの160Pから200Pまでの「サバイバル」「ブーメランスキル…

記事を読む


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

チャンネル登録お願いします♪

よわしです
ドラクエ10は2018年に始めました!皆さんに楽しい情報を提供していきたいと思っています。宜しくお願い致します。