記事体裁を順次修正中(比較的新しい記事は完了しております!)ご迷惑かけして申し訳ございません(´;ω;`)ウゥゥ

【2021年最新】まもの使いのおすすめスキル設定(160から200P)


当記事では、まもの使いの160Pから200Pまでの「まものマスター」「ムチスキル」「ツメスキル」のおすすめスキル設定について解説していきます。参考に頂ければ幸いです。※一部「DQ10大辞典を作ろうぜ!!第二版 Wiki*」様を参考にしております。

まものマスター

160P:ビーストファングの強化

160Pから190Pでは「ビーストファング+1%」になります。200P以外では全て+1%になるので一番ポイントの低い160Pに設定しています。

170P:ターン消費しない

170Pでは「1.5%ターン消費なし」になります。以降で設定しているビーストファング、特技ダメージ、会心率の方が火力に直結しやすいという判断で「ターン消費しない」の優先度を下げています。好みで「ターン消費しない」の代わりに「テンション消費しない」しても良いです。

180P:特技の会心率

180Pから200Pでは「特技の会心率1.2%」になります。双竜打ちや極竜打ちなど会心率が高い特技ではありませんが会心が出ればダメージも大幅に上昇するので火力職には大事なステータスです。

190P:特技のダメージ強化

180Pから200Pでは「特技のダメージ+20」になります。メインで使用する双竜打ちやチャージ技の極竜打ち、ビーストファングなど多段特技が多いため恩恵はかなり大きいです。絶対に設定しましょう。

200P:ビーストファング

200Pでは「ビーストファングⅡ」になります。200PでのみビーストファングⅡになりますし、まもの使いにとって超強力な特技なので必ず200Pに設定しましょう。

設定していないスキル

エモノ呼びの咆哮

ぬすむ金策や週討伐の時などあると超便利な特技です。普段はエモノ呼びの咆哮を設定しておき、聖守護者などのエンドコンテンツをやるときなどは上記設定に変えるなどの運用が良いかもしれません。

被ダメージ軽減

枠が余っていれば生存率を上げるために設定したいところですが、あくまで火力職なので火力に影響しないものは優先度低としています。

身かわし率

被ダメージ軽減と同じ理由です。

テンション消費しない

好みに合わせてターン消費しないと入れ替えても大丈夫です。

ムチスキル

160P:悶絶全方打ちの強化

160Pから190Pまで「悶絶全方打ち+2%」になります。200P以外では全て+2%になるので一番ポイントの小さい160Pに設定しています。

170P:極竜打ちの強化

170Pでは「極竜打ち+6%」になります。双竜打ちよりも極竜打ちの方が高威力ですが、極竜打ちはチャージ特技なので使用回数が少ないため、強化の恩恵が双竜打ちよりも低いと判断しています。よって170Pに設定してます。

180P:双竜打ちの強化

180Pでは「双竜打ち+6%」になります。極竜打ちの強化で説明している通り双竜打ちの強化の方が恩恵が大きいので180Pに設定しています。

190P:バイキルトショット

180Pから200Pでは「バイキルトショットⅢ」になります。テンション吐き出し先としても強いですし、後衛や中衛からバイキルトを貰えないときなど非常に便利な特技なので、より多く使用出来る様にバイキルトショットⅢになるように設定しています。

200P:悶絶全方打ち

200Pでのみ「悶絶全方打ちⅡ」になります。高威力の特技ですので必ずより多く使用出来る様に200Pに設定しましょう。

設定していないスキル

こうげき力

火力職にとても重要なステータスなので設定したいところですが、特技のダメージが〇〇%上がる強化の方が上昇率が高いので優先度を下げています。

かいしん率

こうげき力と同じ理由により優先度低。

状態異常成功率

現状のまもの使いの立回りとしては状態異常を付与するよりもダメージを与える方を最優先としているため除外しています。

らせん打ちの強化

使用頻度が低い特技なので除外しています。

愛のムチの強化

使用頻度が低い特技なので除外しています。

スパークショットの強化

使用頻度が低い特技なので除外しています。

しばり打ちの強化

使用頻度が低い特技なので除外しています。

地しばり打ちの強化

防衛軍などでは使用頻度が高いですが、他の強力な特技の強化を優先しています。

疾風迅雷の強化

地しばり打ちと同様の理由により優先度低。

バイキルトショットの強化

枠が余っていれば入れたいところですが極竜打ちや悶絶全方打ちと比較したら若干使用頻度は下がるため優先度低としています。

ツメスキル

160P:ゴッドスマッシュ

160Pから190Pまで「ゴッドスマッシュⅠ」になります。Ver5.3で威力がアップしており実用レベルにはなっていると思います。テンション吐き出し先として便利です。超強力なライガークラッシュ、タイガークロー、牙神昇誕の重要度が高いためゴッドスマッシュⅠの設定になっておりチャージ時間が少し長い事がネックです。

170P:こうげき力

170Pでは「装備時こうげき力+8」になります。タイガークローやライガークローの威力向上のために設定しています。他のスキル解説では特技のダメージが〇〇%上がるスキルの恩恵が大きいと説明しておりますが、ツメの攻撃力はダメージに大きく反映するので、ゴッドスマッシュの強化ではなくこうげき力を選択しています。

180P:牙神昇誕

180Pから200Pでは「牙神昇誕Ⅲ」になります。タイガークローやライガークローなどの威力が上がる強力な特技なので、より多く使用出来る様に設定しています。

190P:ライガークラッシュの強化

180Pから200Pでは「ライガークラッシュ+5%」になります。チャージ特技ではありますが超強力なツメの特技なので上昇値が最大値になる様に設定しています。

200P:タイガークローの強化

180Pから200Pでは「タイガークロー+5%」になります。ツメまものメインで使用する特技なので恩恵は大きいです。

設定していないスキル

かいしん率

火力職にとって非常に大事なステータスですがこうげき力を優先しています。

身かわし率

耐久面を上げれば総合火力が上がる場合がありますが火力に直結するスキルを優先しているため除外しています。

ウィングブロウの強化

使用頻度の低い特技のため除外。

裂鋼拳の強化

使用頻度の低い特技のため除外。

必中拳の強化

使用頻度の低い特技のため除外。

ゴールドフィンガーの強化

零の洗礼と同じ効果があるので優秀な特技ではありますが、そもそも威力はあまり高くない事と使用頻度が少し低いため優先度低としています。

サイクロンアッパーの強化

使用頻度の低い特技のため除外。

牙神昇誕の効果時間

枠が余れば設定したいところですが他スキルを優先しています。

ゴッドスマッシュの強化

ゴッドスマッシュは威力はそこそこ高いので好みに合わせてこうげき力と入れ替えて良いです。

まもの使いの関連記事

・まもの使いの装備については【2020年最新】まもの使いおすすめ装備
・まもの使いのスキル設定については【2021年最新】まもの使いのおすすめスキル設定(160から200P)

以上になります。まもの使いの各スキルについて、おすすめしている理由と逆に設定していない理由について解説させて頂きました。最初はよわしと同じ設定に頂いても良いですし、皆様のオリジナル設定を見つけて頂いても良いかと思います。最後まで読んで頂きありがとうございます(*´ω`*)

少しでも参考になった方はポチっとおねです(*ノωノ)

ドラゴンクエストXランキング