記事体裁を順次修正中(比較的新しい記事は完了しております!)ご迷惑かけして申し訳ございません(´;ω;`)ウゥゥ

ぬすむ金策の始め方1 ~準備編~

  • 2020年9月1日
  • 金策
  • 1view
  • 0件

金策といったらぬすむ金策だ!というくらいど定番になっている「ぬすむ金策」ですが、お金は稼ぎたいけどよくわからないな~ とか なんか難しそう~ というようなまだやったことがない方に向けて、ぬすむ金策について説明したいと思います。なお今回は準備編となっています。 文章おおめの記事になっていますがかならずお役にたてると思うので最後まで読んでくれるとうれしいです!

準備をしよう

1.まものつかいのレベルを上げよう!

え?盗賊じゃないの?という方もいると思いますが、もちろん盗賊でもできますよ!盗賊ソロでやるとめちゃくちゃ効率は悪いです。フレンドにまものつかいになってもらい、自分は盗賊で一緒にやるぞい!という事なら良いですが、この場合だとフレンドと一緒じゃないと出来ないので、いつでも好きなタイミングで出来るまものつかいを上げることをお勧めします。

何故まものつかいが良いの?

なんで、まものつかいが良いの?については、ぬすむ金策は基本的に「エモノ呼び」をしてモンスターを増やしつつ、範囲攻撃でがっつんがっつん倒していく。というスタイルでその方が効率がよいためですね。呼ばずに戦うと、敵に当たる。敵1体を倒す。敵を探す。敵に当たる。敵1体を倒す・・・というやり方より効率が良いためですね。

2.おどるほうせきを強化しよう

ぬすむ金策をするうえで絶対必要なのがおどるほうせきです。なんといっても「ぬすむ」以外の特技を使用できないようにすることで、通常攻撃or「ぬすむ」しかしなくなるのが最大のメリットです!高確率でぬすみをしてくれますよ。

サポートの盗賊もよいが・・・

サポートの盗賊も手っ取り早くて良いですが、爆弾を置いたり余計なことをすることが多くてちょっとストレスを感じてしまいます。盗賊のMPを0にすることでぬすむしかしなくなり、効率アップだ! というやり方もありますが、そもそもMP0にするのが地味に大変そうですし、MP0にしたなら、ある程度の長い時間金策しないともったいない感にさいなまれそうですし、サポートを変えて他のこともやれなかったりと、自由がきかない印象があるため個人的には好きではないですね。

装備やアクセも揃えるのがおすすめ

おどるほうせきのレベルを上げて、転生も11回を目指します。装備やアクセも最初は「かいとう仮面」等のすぐ手に入るものだけでよいですが、すこしずつで良いので揃えていくことをお勧めしますよ!

きようさを上げてぬすむ成功率アップ。すばやさを上げてぬすむ回数アップ

おどるほうせきのスキルや装備などについて詳しくは別記事で説明したいとおもっていますが。ざっくり言いますと、今のおどるほうせきは、ぬすむ確率に影響するきようさが800は普通に超えますので、さらに上の数値を目指すのもよいですが私はすばやさを上げて、ぬすむ回数をあげるよう強化しています。

顔アクセは迷いどころですが・・・

顔アクセは神アクセのひとつである「かいとうの仮面」がきようさ+30もあってすごいですが、わたしは「死神のピアス」をおすすめします。2回連続でぬすむをしてくれることもあるのでこちらを装備しています!腕装備はきようさ錬金。足装備はすばやさ錬金が良いですね。

3.レアドロップ装備を揃えよう

まものつかいで装備できるレアドロップ装備を揃えていきましょう。レアドロップ装備は、ぬすんだアイテムのレアドロップ率には影響はありませんが、モンスターが自然に落とすアイテムのレアドロップ率を上げることが出来ます。ぬすむをしてなくてもアイテムがドロップするときありますよね?それです!それがレアになりやすくなるよ~というものです。

レアドロップ装備はこれだ!

まずはどの職でも装備できる比較的安い「皮のてぶくろ」のレアドロップ錬金のもの。無理しない範囲でお財布と相談して買いましょう。王家で手に入る「輝石のベルト」。毎週通ってレアドロップ1.1が2つ付いたものを目指しましょう。すごろくでコインを貯めて「幸運のおまもり」を+3にして、1.1を3か所つけましょう。

今回はここまでとします。次回は「ぬすむ金策の始め方 ~知識編~」になりますのでよろしくおねがいします!

ぬすむ金策の始め方2 ~知識編~

ぬすむ金策の始め方3~実施編~